経理のお悩み無料相談受付中!

0120-056-688

受付 平日9:00~17:00

投稿

2022.01.25
経営力強化税制の活用 -設備取得までの流れ-

経営力強化税制は、経営力向上計画に基づき取得した一定の設備に係る法人税等を、即時償却か税額控除を適用できる制度です。

設備種類(A、B、C、D類型)の概要は、以下の通りです。


                中小企業庁 「中小企業等経営強化法に基づく支援措置活用の手引き」より

補足事項:中小企業投資促進税制(中促)には、機械装置・ソフトウェアのほかに、「車両運搬具のうち一定の普通自動
     で、貨物の運送の用に供されるもののうち
車両総重量が3.5トン以上のもの」も対象となります。

(A類型) ・一定期間内に販売されたモデル(最新モデルである必要はありません)

  1.         ・生産効率、エネルギー効率、精度などが、旧モデルと比較して年平均1%以上向上している設備。

      この2つの条件をクリアした設備が対象です。工業会等から証明書を入手し、申請書につけて提出。

             

 

(B類型) 年平均の投資利益率が5%以上となることが見込まれる投資計画書を作成、公認会計士又は税理士
        に事前確認を受け、経済産業局から確認書を取得して申請する。

             

(C類型) 事業プロセスの①遠隔操作、②可視化、③自動制御化のいずれかを可能にする設備であることを
        経済産業局から確認書を取得して申請する。

         

(D類型) M&Aにより他の法人の株式等と共に、同時に取得した修正ROA又は有形固定資産回転率が一定以上
        上昇する設備です。

                 

 

経営力向上計画の申請がGビズIDによる電子申請に移行します

現在郵送で提出いただいている「経営力向上計画に係る認定申請書」は、GビズIDの取得で2022年4月より経営力向上計画申請プラットフォームから電子申請ができます。

経済産業部局宛てのみの申請については、2022年4月より完全電子化に移行予定なので注意が必要です。

 

GビズIDのアカウントの発行について

gBizIDには「gBizIDエントリー」「gBizIDプライム」「gBizIDメンバー」の3つがありますが、電子申請には「gBizIDプライム」が必要になります。
取得費用は印鑑証明代のみとなりますが、プライムアカウントの取得は2~3週間もかかりますので、早めに準備しておきましょう。

スケジュールには要注意

経営力強化税制を適用するには、原則 経営力向上計画の認定後に設備取得しなければいけません(例外として設備取得後60日以内に経営力向上計画を申請する方法もありますが、当該事業年度末までに認定を受けなければなりません)。
また、ほぼ同様の手続を行い取得設備に対する償却資産税を減免する先端設備導入計画というものがありますが、先端設備導入計画による償却資産税減免は認定後に設備取得することが必須となっています。税制優遇をフルに受けたい場合は計画認定後の設備取得が必須と考えてください。

設備取得までに証明書入手や事前確認、郵送又は電子申請(その場合GビズID取得)による経営力向上計画の申請といった手続きが必須となりますので、余裕をもって設備取得の2~3ヶ月前から準備していただきたいです。

 

 

 

経理のお悩み無料相談受付中!

0120-056-688

受付 平日9:00~17:00

バックオフィスサポートメニュー Support Menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • 経理代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 月額3,300円から手間を削減!
  • 給与計算代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
会社情報about us
PAGETOP
【9/5,6,7開催】60分でわかるこれだけ!電子帳簿保存法&インボイス制度適応セミナー
ご参加はコチラ
【9/5,6,7開催】60分でわかるこれだけ!電子帳簿保存法&インボイス制度適応セミナー
ご参加はコチラ