経理のお悩み無料相談受付中!

0120-056-688

受付 平日9:00~17:00

投稿

2020.06.19
【Q&A】持続化給付金 ~当座預金でインターネットバンキングを利用していない場合~

Q.当座預金でインターネットバンキングをしていない場合は
 どのような書類を添付すればいいですか?

A.以下をご参照ください。

預金の添付資料として、通帳のコピーか電子通帳画面コピーが指定されていますが、

当座預金でインターネットバンキングをしていない場合、通帳も電子通帳画面もありません

その場合はどうするのか、通帳に相当するものとして当座勘定照合表がありますがそれでもいいのか質問したところ、次の通りの回答でした。

※画像内に質問に誤字がありますが、ご容赦くださいませ

当座勘定照合表ではダメで、代わりに代表者名義の通帳を発行してほしい、という回答です。

(「その他証明書類」欄に履歴事項全部証明書を添付する、という方法もご提示いただきましたが、

 給付の約束はできないとのことなのであまりお勧めはできないです。)

 

そのため、とり得る手段としては以下が考えられます。

・当座預金口座をインターネットバンキングに切り替える

・法人名義の普通預金口座が別にあれば使用する、もしくは新規発行する

・法人代表者名義の普通預金口座を使用する、もしくは新規発行する

 

できるだけ銀行の窓口に行くのを避ける、という観点から行けば、「いったんは今ある別の口座を利用する」というのがよさそうですが、

デジタルトランスフォーメーションが加速している昨今の情勢から考えると、

自社のデジタル化の第1歩として、また、いつでも資金の動きを確認できる体制を整えるために、

インターネットバンキングに切り替えることも有効であると考えられます。

経理のお悩み無料相談受付中!

0120-056-688

受付 平日9:00~17:00

バックオフィスサポートメニュー Support Menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • 経理代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 月額3,300円から手間を削減!
  • 給与計算代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
会社情報about us
PAGETOP
【9/5,6,7開催】60分でわかるこれだけ!電子帳簿保存法&インボイス制度適応セミナー
ご参加はコチラ
【9/5,6,7開催】60分でわかるこれだけ!電子帳簿保存法&インボイス制度適応セミナー
ご参加はコチラ