経理のお悩み無料相談受付中!

0120-056-688

受付 平日9:00~17:00

投稿

2021.01.18
年末調整とマイナポータル

令和2年10月よりマイナポータルを利用して保険料控除証明等の取得ができるように運用が開始されました。

 

(国税庁ホームページより)

事前準備

①マイナンバーカードの取得が必要です。

②スマホ又はPC・ICカードリーダライタの用意が必要です。

③民間送達サービスのアカウント取得(マイナポータル内にリンクがあります)を行い、保険会社等と連携を設定します。

 

電子化するメリット

従業員側では、電子データをマイナポータル・国税庁提供の年調ソフトに取り込む為、証明書等内容の記入や控除額の計算が不要になり、申告負荷の軽減が期待できます。また、一度作成したデータは翌年以降も利用できるため、翌年以降はさらなる軽減が期待できます。

企業側では、従業員の記載ミスを防ぐ事が出来、また、給料ソフトに電子データを取り込めば、紙ベースでの集計や手作業でのデータ入力の必要が無くなるため、人事労務部門の負担軽減につながることが期待できます。

 

データ取得に対応していない証明書があるので注意が必要

 現時点で全ての控除証明書が対応しているわけではないので、紙とデータが混在します。その為、両方に対応する必要があります。例として、2020年時点ではかんぽ生命が対応していません。本格的な運用は2021年以降になると考えられます。

↓当コラム作成日辞典での保険料控除証明書の連携状況(国税庁ホームページより)

民間のシステムの導入も要検討

 国税庁の提供する年末調整システムは、使用してみたところUIがあまりよくないように感じました。それに対して民間のシステムは、お客様に選んでもらえるように開発されているため、UIには気を使われているものが多いです。給与計算の電子化、社会保険の電子化も考慮するなら民間の給与ソフトの導入も検討するほうがよいでしょう。特に、社会保険の電子申請ができるe-Govでは、民間のシステム導入が推奨されています(e-Govサイトのソフトウェアを利用した電子申請)。

 

新型コロナウィルスの影響により、デジタルの流れはさらに加速しいます。年末調整については企業保管ではありますが、事務手続の効率化や多様な働き方に対応していくためにもデジタルの利用を進めていく箇所かと思われます。

経理のお悩み無料相談受付中!

0120-056-688

受付 平日9:00~17:00

バックオフィスサポートメニュー Support Menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • 経理代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 月額3,300円から手間を削減!
  • 給与計算代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
会社情報about us
PAGETOP
【9/5,6,7開催】60分でわかるこれだけ!電子帳簿保存法&インボイス制度適応セミナー
ご参加はコチラ
【9/5,6,7開催】60分でわかるこれだけ!電子帳簿保存法&インボイス制度適応セミナー
ご参加はコチラ